適切な設置・運用を

お客さまから見えやすい場所に監視用モニターを設置すると、威嚇・犯罪抑止効果は高まるものの、監視カメラの設置場所や映像が覚えられてしまうリスクがあります。そういうリスク減らすためには、監視カメラの映像を一画面ずつ、短時間で切り替わる設定にしておくという方法があります。

次に、監視カメラは設置だけではなく、運用のしかたにも気を配る必要があります。例えば、レジや作業場、事務所の中など、従業員が常駐していて目にとまりやすい場所にモニターを設置することで、常時モニタリングを行なうことができます。また、監視カメラを設置した後、モニターの映像を定期的にチェックして、見えづらい場所がある場合、カメラの角度を調整する必要があります。

また、通常のお客さまであれば、監視カメラが設置されている場所に関心を持ちません。その一方で、来店してすぐに監視カメラの場所や角度をチェックしているような人物は、万引き行為に及ぶための下見をしている可能性があります。そのような不審人物を見つけたら、その人物に対する監視を強める、その人物を撮影した過去の映像をプリントアウトし、従業員だけが見られるよう掲示しておくという対策を講じましょう。

監視カメラ設置の際は

防犯機器の中でも、監視カメラを設置する上では、その特性を理解した上で、それぞれの店舗の環境に応じて効果的な設置方法を考え出し、実際の行動に移すことが大切です。

例えば、監視カメラを1台設置したからと言って、死角が全て無くなるという訳ではありません。監視カメラにも死角があるので、複数のカメラを、互いの死角を補い合うような配置で設置するのが効果的です。

また、万引き犯にとって、自分の進行方向に監視カメラがあると、心理的に威嚇され、犯罪行為に及びづらくなります。また、万引きが行なわれた後、その様子を撮影した映像を証拠として使用する場合にも、正面から映っているものの方が有効な証拠となります。それらの事情を踏まえると、お客さまの動線の正面にあたる場所に監視カメラを設置するのが効果的と言えます。

また、監視カメラを設置する場合には、監視用モニターの設置場所にも気を配る必要があります。例えば、レジの中など、お客さまの目にとまりやすい場所に監視用モニターを設置すると、監視カメラの映像をモニタリングしていることがお客さまに伝わり、万引き犯に対する威嚇効果・犯罪行為の抑止効果が高まります。しかし、その反面、監視カメラの設置されている場所、撮影されている映像が覚えられてしまうリスクが存在します。

店舗の利益確保の為に

店舗を運営するにあたって、利益を確保するために、損失を無くすことが重要になることは言うまでもありません。お店がこうむる損失としては、万引きや内引き(内部の人物による不正)、伝票・レジ操作のミス、納入業者の不正、器物損壊、放火などが挙げられます。その内、万引きや内引き、器物損壊が長期間に亘って行なわれると、店舗運営が困難になります。また、放火は、一度行なわれただけで、お店の営業が不可能になるほどの被害をもたらします。

それらの中でも、万引きを防ぐためには、お店の雰囲気や物理的環境を明るく、開放的にすることが大切です。例えば、万引き犯は、自分の顔が覚えられるのを嫌がります。したがって、お客さまの顔を見て元気な挨拶をし、お店が活気づけば、犯罪の発生しにくい環境をつくり出すことができます。また、薄暗い場所では、犯罪が起きやすくなるので、照度が足りない場合には、照明器具の明るさを適切なレベルに調整する必要もあります。その他に、陳列やレイアウトの方法に気を配り、見通しを良くすることも大切です。

また、監視カメラなどの防犯機器を利用するのも有効な選択肢となります。監視カメラを含む防犯機器には、犯罪行為に及ぼうとする人物に対する威嚇を行なう、従業員の死角を補い、犯罪の証拠を残すという役割があります。

万引きなどの防犯対策

当然のことながら、お店のオーナーにとって、利益確保のためには、損失を無くすことが重要になります。店舗が受ける損失の中で、万引きを防ぐための対策には、お店を明るく開放的にする、監視カメラなどの防犯機器を利用するなどの方法があります。その内、監視カメラを利用する場合、その設置・運用のしかたに気を配る必要があります。

まず、監視カメラにも死角があるので、1台のカメラで、全ての死角を無くすことはできません。したがって、それらの死角を無くすべく、複数のカメラを適切な配置に設置するのが効果的な方法となります。また、監視カメラは、お客さまの動線上の正面に設置するのが効果的です。そのように設置すると、万引き犯に対する威嚇効果・犯罪の抑止効果が高まるほか、証拠としての映像の有効性も高くなります。

また、監視用モニターをお客さまから見えやすい場所に設置すると、威嚇・犯罪抑止の効果が高まりますが、反面、カメラの設置場所や映し出される映像が覚えられてしまうリスクがあります。映像を一画面ずつ短時間に切り替わる設定にすると、そのようなリスクを減らすことができます。

このサイトでは、万引き犯に対する防犯対策として、監視カメラを効果的に設置・運用する方法など、さまざまな情報をご提供してまいります。皆さんの中で、店舗のオーナーとして、万引き対策の方法をお考えの方は、チェックして、実際の生活場面の中で役立てて頂ければ幸いです。