監視カメラ設置の際は

防犯機器の中でも、監視カメラを設置する上では、その特性を理解した上で、それぞれの店舗の環境に応じて効果的な設置方法を考え出し、実際の行動に移すことが大切です。

例えば、監視カメラを1台設置したからと言って、死角が全て無くなるという訳ではありません。監視カメラにも死角があるので、複数のカメラを、互いの死角を補い合うような配置で設置するのが効果的です。

また、万引き犯にとって、自分の進行方向に監視カメラがあると、心理的に威嚇され、犯罪行為に及びづらくなります。また、万引きが行なわれた後、その様子を撮影した映像を証拠として使用する場合にも、正面から映っているものの方が有効な証拠となります。それらの事情を踏まえると、お客さまの動線の正面にあたる場所に監視カメラを設置するのが効果的と言えます。

また、監視カメラを設置する場合には、監視用モニターの設置場所にも気を配る必要があります。例えば、レジの中など、お客さまの目にとまりやすい場所に監視用モニターを設置すると、監視カメラの映像をモニタリングしていることがお客さまに伝わり、万引き犯に対する威嚇効果・犯罪行為の抑止効果が高まります。しかし、その反面、監視カメラの設置されている場所、撮影されている映像が覚えられてしまうリスクが存在します。

Published by 管理者