適切な設置・運用を

お客さまから見えやすい場所に監視用モニターを設置すると、威嚇・犯罪抑止効果は高まるものの、監視カメラの設置場所や映像が覚えられてしまうリスクがあります。そういうリスク減らすためには、監視カメラの映像を一画面ずつ、短時間で切り替わる設定にしておくという方法があります。

次に、監視カメラは設置だけではなく、運用のしかたにも気を配る必要があります。例えば、レジや作業場、事務所の中など、従業員が常駐していて目にとまりやすい場所にモニターを設置することで、常時モニタリングを行なうことができます。また、監視カメラを設置した後、モニターの映像を定期的にチェックして、見えづらい場所がある場合、カメラの角度を調整する必要があります。

また、通常のお客さまであれば、監視カメラが設置されている場所に関心を持ちません。その一方で、来店してすぐに監視カメラの場所や角度をチェックしているような人物は、万引き行為に及ぶための下見をしている可能性があります。そのような不審人物を見つけたら、その人物に対する監視を強める、その人物を撮影した過去の映像をプリントアウトし、従業員だけが見られるよう掲示しておくという対策を講じましょう。

Published by 管理者