万引きなどの防犯対策

当然のことながら、お店のオーナーにとって、利益確保のためには、損失を無くすことが重要になります。店舗が受ける損失の中で、万引きを防ぐための対策には、お店を明るく開放的にする、監視カメラなどの防犯機器を利用するなどの方法があります。その内、監視カメラを利用する場合、その設置・運用のしかたに気を配る必要があります。

まず、監視カメラにも死角があるので、1台のカメラで、全ての死角を無くすことはできません。したがって、それらの死角を無くすべく、複数のカメラを適切な配置に設置するのが効果的な方法となります。また、監視カメラは、お客さまの動線上の正面に設置するのが効果的です。そのように設置すると、万引き犯に対する威嚇効果・犯罪の抑止効果が高まるほか、証拠としての映像の有効性も高くなります。

また、監視用モニターをお客さまから見えやすい場所に設置すると、威嚇・犯罪抑止の効果が高まりますが、反面、カメラの設置場所や映し出される映像が覚えられてしまうリスクがあります。映像を一画面ずつ短時間に切り替わる設定にすると、そのようなリスクを減らすことができます。

このサイトでは、万引き犯に対する防犯対策として、監視カメラを効果的に設置・運用する方法など、さまざまな情報をご提供してまいります。皆さんの中で、店舗のオーナーとして、万引き対策の方法をお考えの方は、チェックして、実際の生活場面の中で役立てて頂ければ幸いです。

Published by 管理者